北九州エリアの自動車学校ガイド » 自動車学校に行きたくない理由と対処法 » 短期間で免許をゲット!自動車免許の学科試験勉強法を解説

短期間で免許をゲット!自動車免許の学科試験勉強法を解説

自動車学校には実技試験と、学科試験があります。実技は得意という方でも、法律がからんでくる学科試験は一見どちらとも言えないような問題も多く迷わせてきます。学科試験に苦手意識を持っている方のために効果的な勉強法をご説明させて頂きます。

自動車免許取得に向けた学科試験の勉強法

学科試験とは

交通ルールや基礎的な法律を問う試験。〇と×の二択を選択するようになっており、仮免学科試験と本免学科試験の二回受ける必要があります。

試験の際にはどちらも筆記用具、身分証明書、認印が必要です。

仮免学科試験

全50問の〇と×選択問題で1問が2点。合格ラインは90点以上と高め。小さなミスが合否をわけます。

本免学科試験

全95問(1問1点の〇×問題90問と1問2点のイラスト問題5問)こちらも同様にケアレスミスが無いようしっかりと勉強をしておく必要があります。

効果的な勉強法とは?

教科書を読み込んだ上で、「効果測定」という過去に出題された問題や、実際に本番に出題される問題と類似した問題を解くことができます。

本番同様に問題を解くことで問題文の言い回しや、試験の空気に慣れる上、間違えた問題を復習することで知識をより強固なものにすることができます。

間違えた分も合格ラインへの自信に繋がるでしょう。

間違えやすい、よくあるひっかけ問題

間違えやすい問題とは、細かい規定が定められている問題です。以下にあげさせて頂きます。

  • 「駐車」と「停車」に関する問題
  • 距離や時間などの正確な数字を暗記する必要があります。

  • 信号に関する問題
  • 信号には点灯や、点滅、矢印など様々な意味を持ったものがあります。

  • 定番問題
  • 「追い越し」と「追い抜き」、「日常点検」と「定期点検」の違い

自動車免許の学科試験では、上記のような引っ掛け問題や間違えやすい問題も多数出題されます。過去問を解くことで、どういう傾向があるのか、どういう問題が間違えやすいのかも理解できるため、事前に問題を想定して対策をすることが、スムーズな免許取得につながるでしょう。