北九州エリアの自動車学校ガイド » 自動車学校に行きたくない理由と対処法 » 理想の教官像とは?自動車学校の教官によくある特徴

理想の教官像とは?自動車学校の教官によくある特徴

免許取得に欠かせない教習所通いですが、思いの外教習所の教官がイヤで通うのが辛いと感じている人が多いようです。イヤな教官がなぜ厳しいのか、そして理想の教官にどのようにして出会うべきなのかをご説明させて頂きます。

こんな自動車学校の教官はイヤだ!理想の教官像とは?

  1. 尋ねても教えてくれない教官
  2. 車は便利でなくてはならないものですが、それと同時に一瞬の判断ミスで自分や他人の命を奪いかねない危険な乗り物でもあります。

    運転に慣れていないからこそ操作で困った時、一番頼れるはずの助手席の教官に、支持を仰いても全く返事をしてくれない場合があります。信じられないことですが、そういった教官がいることも事実です。

  3. 人格否定をしてくる教官
  4. 知識や技術を学んでいる最中のドライバーに対して、「そんなこともできないの?」や「まだあんな標識覚えてないの?」といった小馬鹿にしたような発言をする教官もいます。

    その発言に”指導”の意味合いがないとただの圧のある悪口になってしまうので、そういった発言で車内の空気を悪くするのは辞めて欲しいものです。

    教官も一人の人間としてイライラすることもあるとは思うのですが、指導者として意識していてほしいですね。

理想の教官とは?

教習生の立場になって目の前の課題をどう克服するか一緒に模索する。

わからないことや、できないことが何故わからないのか、できないのかを教習生の目線に立って何度でも教えてくれる上に、できた時にはきちんと褒めてくれる教官が理想と言えます。

運転は時に人の命を奪う危険な一面もあるので、時には厳しい指導もあるかもしれませんが、それは決して意地悪で言っているわけではなく、よりよいドライバーになって欲しいという気持ちがその厳しさを演出しているのです。

人によって指導員に求めるものが違うという点を踏まえても、教習生が免許取得後に事故を起こさず安全運転ができるように教えてくれる教官と巡り合えると嬉しいですね。

理想の教官に出会うために

理想とする教官は人によって異なりますが、上記で触れたように「誠意があり」「指導は真面目に」「できたら褒めてくれる」教官が理想と言えます。同じ人間でも体調などで機嫌が変わったりするため、まずこちらから元気に挨拶をし、意欲をみせるところから始めましょう。そして注意されても、途中で遮ったりせずに傾聴し感謝の気持ちを伝えることが大切です。

それでも相性が合わないと感じる場合は、自動車学校に相談することで指導教官の変更や指名ができる場合があるのでご相談ください。